mbeattap’s blog

世界一周タップダンサーASAKIのつれづれなる日記

マダニにタマタマを噛まれた話

森には吸血性のマダニさんがいらっしゃいまして、毎年噛まれるんですわ。

 

そんな話をここで。

 

今年は1週間前の3/21に森作業中におそらく刺され、作業後の温泉入浴中に発見。

 

まず一ヶ所は太ももの付け根。

で、もう一ヶ所…。

 

何⁈キャ、キャンタマ袋だとー⁈

 

マダニの怖さはネットでたくさん出回っているのでご存知の方も多いと思いますが、ヘタするとマジでお亡くなりになるのです。

 

マダニの様々な取り方は、生きている状態で酢をつけたり、ディート入りの殺虫剤を付けて出てきてもらうのもいいですが、私も毎年それで取れたので…。(お医者さんにとってもらうのが一番)

 

今回温泉に浸かってたら、マダニさん達が死んじゃったんですわ。

 

あるものは頭を私の足の付け根に突っ込んだまま。あるものは、私のおキャンキャンに突っ込んだまま…。

 

そして〜

 

それから〜

 

森のマダニと一体化した状態で1週間。

 

Tick Twisterというマダニをくるっと回して取る器具をアマゾンで購入して、3日前にくるっと回して自分で、そう、自己責任でとってみたら、アゴが残っちゃって…。

 

あ、やば…。

 

そしたら昨日から腫れて、ちょっとヒリヒリずきっとする。

 

観念して近くの総合病院へ。

 

休館日だったのですが、運良く外科の先生、しかも男性!がいらっしゃった。

 

経過を話すと、アゴを取る。と。

 

ですよね。

 

おキャンキャンからアゴを取る。

 

一体化は許さないのだよ…。

 

モノをバッと出して、メス付きピンセットみたいので取る!

 

取れない!取る!取れない!取る!

 

いやー痛いのなんのって…。

 

久しぶりに絶叫しました笑

 

麻酔する?って後から言われたけど笑

 

でも、見てもらって悶絶して、なんか何かが前に進んだ気がする!

 

うん。それが一番!

 

抗生物質を処方してもらい、しばらく様子見ですが、『マダニにタマタマ噛まれる』からの教訓は、

 

森に入る時はマダニ噛まれないようにする。噛まれたら、殺さず、病院か、殺しても病院。自分で取るなら、自己責任で!大丈夫な時もあるし、アゴが残っちゃう事もある。

 

診察料は1500円くらい。処方箋料は500駅くらい。

 

森と共に生きるのも楽ではない…。

 

むしろ都市以上に注意力が必要ですな!

 

こうして人生ネタだらけの旅は続く。

 

https://aun.amebaownd.com/

 

 

 

地球人として生きる為に

f:id:mbeattap:20180129101356j:image

地球はゆったりとした波で変化しているが、人間はどうも加速度的な波で変化したがっているようだ。
今やこれまでの幸せが「地球」あってのことを忘れて。

いい悪いではなく、人間とはそういう性質を持つ。

利己的な遺伝子のせいかもしれない。

私を含めてこれまでの人間の在り方に鑑みると、地球よりも自己の果てなき欲求を大切に生きていると思う。

だから、人間は地球人ではなく、地球外生命体だと考えた方が腑に落ちる。

『地球人』として生きる。その為には地球の在り方をもっと知り、自己の望みや欲の波より、謙虚で大らかで静かな波に乗れないといけない。

「戒」を以って「快」に至らなければいけない。
「戒」を活かして「解」に至らなければいけない。

人を非難する前に己を戒めなければいけない。

地球人

f:id:mbeattap:20180128110629j:image

これから地球人は様々な地域で様々な形で『大きな変化』を感じる。

 

人間そのものの性質は変わらずに。

 

日本の「地方」でオフグリッドな森生活を送りながら地球人としてどう生き、どう死ぬのか考えている。

 

継続の先に「シン」があり、感覚の先に「シン」がある。

 

『練磨』と『AUN』を創造・共有。

 

『練磨』フェイスブックグループ

https://m.facebook.com/groups/1233201280070831

『森の芸術大学AUN

https://aun.amebaownd.com/

 

地球人としてどう生き、どう死ぬか。

 

それが肝心。

 

自分と地球との距離を近づけていかないときっと気が付かない。

 

大地を踏みしめ、天啓を受け、心踊る声と波動を循環させる。

 

実体験の創造・共有。

 

2/16 『西大寺観音院1000人般若心経x達歩』

4/28.29.30『Tap Camp 2018』

11/24『UNi Zone for NY』

 

参加希望&問い合わせ

090-9328-7492

mbeattap@d3.dion.ne.jp

ASAKI

 

WS(ワークショップ)観

入り口作り。

きっかけ作り。

 

これは長年タップダンスと関わるものの使命だと思っています。

 

技術的云々よりも、見てもらい、してもらい、知ってもらうこと。

 

その中でたった一人でも、その方の人生にタップダンスが必要だと感じてもらえれば、有り難いです。

 

 

役割

中学生くらいの頃から、自分がこの世界で果たす役割を考えていた気がする。

 

役割。

 

 それは誰かに理解してもらうものではなく、自分で受け取り、果たすもの。

足元

SNSは人類の一つの夢が叶ったツールだと思う。

世界中の人と繋がれるチャンスが広がった訳だから。

ただ、足元が見えなくなり、自分がここにいるのか、SNSにいるのか、認識しにくくなる面を実感する。

使い方をちゃんと見つけておかないと『生きる』ってことを見失うかもしれない。

 

人はまなび続ける方がいい。

失敗した方がいい。

痛みを知った方がいい。

恥を知った方がいい。

 

人生は多面的で、立体的で、雑多で豊かだ。

 

私はSNSを繋がりを広がる窓口だと認識している。

 

でも、私自身では決してない。

 

そして、SNSで見る記事もモノコトヒトの一面でしかないと知っている。

 

足元には何がある?

 

自分の内側には何がある?

 

もっともっとスマホの画面にはないものを深く感じないと、この世界からの愛火(まなび)に気が付けない気がする。

 

知る窓口はSNS。歩む道は足元。

 

道を知ることと歩むことは違う。(映画『マトリックス』より)

 

f:id:mbeattap:20161214053408j:image

 

 

豊かさについて

昨晩、森に泊まって感じたのは、豊かさとは多様性ってことなんだなと。

 

森と都市の両方があって豊かなんだなと。

 

何かを否定したら、豊かじゃなくなっていくなと。

 

世界の国々が違うことも、私たち一人一人が違うことも、豊かさに必要なんだな。

 

追記。

平和を支えている飢餓や貧困があり、豊かさを支えている貧しさがあるから、恵まれている環境にいる私たちはどこかで節度や我慢が必要なのかなとも思う。
森はなんかそんなことも感じさせてくれた。。