読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mbeattap’s blog

世界一周タップダンサーASAKIのつれづれなる日記

足元

SNSは人類の一つの夢が叶ったツールだと思う。

世界中の人と繋がれるチャンスが広がった訳だから。

ただ、足元が見えなくなり、自分がここにいるのか、SNSにいるのか、認識しにくくなる面を実感する。

使い方をちゃんと見つけておかないと『生きる』ってことを見失うかもしれない。

 

人はまなび続ける方がいい。

失敗した方がいい。

痛みを知った方がいい。

恥を知った方がいい。

 

人生は多面的で、立体的で、雑多で豊かだ。

 

私はSNSを繋がりを広がる窓口だと認識している。

 

でも、私自身では決してない。

 

そして、SNSで見る記事もモノコトヒトの一面でしかないと知っている。

 

足元には何がある?

 

自分の内側には何がある?

 

もっともっとスマホの画面にはないものを深く感じないと、この世界からの愛火(まなび)に気が付けない気がする。

 

知る窓口はSNS。歩む道は足元。

 

道を知ることと歩むことは違う。(映画『マトリックス』より)

 

f:id:mbeattap:20161214053408j:image

 

 

豊かさについて

昨晩、森に泊まって感じたのは、豊かさとは多様性ってことなんだなと。

 

森と都市の両方があって豊かなんだなと。

 

何かを否定したら、豊かじゃなくなっていくなと。

 

世界の国々が違うことも、私たち一人一人が違うことも、豊かさに必要なんだな。

 

追記。

平和を支えている飢餓や貧困があり、豊かさを支えている貧しさがあるから、恵まれている環境にいる私たちはどこかで節度や我慢が必要なのかなとも思う。
森はなんかそんなことも感じさせてくれた。。

 

丁寧に

丁寧に本を読む事。

 

丁寧に楽器を演奏する事。

 

丁寧に祈る事。

 

丁寧に達歩を踊る事。

 

丁寧に話す事。

 

丁寧に食べる事。

 

丁寧に扱う事。

 

何事も丁寧に向き合うと感覚が鋭くなる気がする。

 

 

自然界は

 

人間界の枠に収まるほど小さくはない。

 

量子の世界のように0と1が共存する。

 

何かを分けて考えるのが人間界。

 

分けられない世界が自然界。

今見えるもの。

日々雑感

どんな信念を持って、何を積み重ねるか。

 

私は自然とともに、これからも音楽的な能力を積み重ねていきたい。

 

時に人を巻き込みながら、時に自分という楽器の限界に挑戦しながら。

 

人生はインプロビゼーション

 

壮大な楽曲。

日々雑感 ASAKIの学校

道を知ることと道を歩むことは違う。

 

達知(タッチ/touch)と達歩(タップ/tap)。

 

達知では響かないから、達歩する。

 

達歩は足跡を残す。

 

その足跡が轍(wadachi)を作り、

 

道(michi)が生まれる。

 

達歩は道を生み出す。

 

未知を生み出す道。

 

この道(未知/michi)を行く。

この世界はポリリズム

日々雑感

3で感じる事も出来れば、4で感じる事も出来る。

 

どちらが正解ではなく、どちらも並行して存在している。