mbeattap’s blog

世界一周タップダンサーASAKIのつれづれなる日記

9/10ルクソール1日目

朝から、ナイル川の西側にある王家の墓へ

あのツタンカーメンの墓に実際に入っているっていう実感はなかなか湧かないものですね。

日本で想像していた自分と、こうしてその場にいる自分は何も変わりない。

ただ五感を通して入ってくるものは確実に違う。

顔も言葉も習慣も違う人達がまわりで生活している。

違う歴史の道のりの遺産を目にして、自分の中に取り込んで、自分の感性や思考で濾過し、人間観や世界観を学んでいるのかな。

笑顔とお金と思いやりと打算と、人間界で人を支配する感覚から逃れたく、世界に飛び出しても、逃れられない世界がそこにあり、主張し、尊重し、それでも受け入れ難い違いの中で、意味なんかない。訳なんかない。最善なんてない。ただ幾つもの道があり、どれも正解で、自分の道は、自分の中ではなく、人との関わりの中にあるという感覚に戻って来てしまう。

目の前の事に従事する。

やれる事をやる。

ひとつのシグナルを次に繋げる。

考え出すと出口のない所に入って行ってしまうから、反射的に、いいフィーリングで。

この人類(?)の大いなる遺産の意味など考えず、反射的に、あるがままに、快く。

夜は、カルナック神殿のSOUND&LIGHTショーを観に行きました。

面白かったのは、スフィンクスがライトアップされる瞬間にどこからともなく野良犬の集団が現れ、スフィンクスと同じ格好をして柱の上に
座り始めた事です。。。。あれは訓練したのかな・・・それとも勝手に野良犬がやり始めたのかな。。。とても不思議でした。



ショーは、観客が広い神殿内を歩きながら、楽しむものなのですが、最後の演出の手前で今度はネコがスフィンクスのまねを・・・。

ツボでした!!

P.S.
ルクソールの街は一人で歩き回るには少し危険で、実際目の前で初めてバイクのひったくりを目撃しました。
あとは、タクシー飛ばします!