mbeattap’s blog

世界一周タップダンサーASAKIのつれづれなる日記

能力を味わう。

自分の能力を知り、味わっている者と、能力を知らず、ただ一生懸命噛んでいる者、その違いが解れば、1つの視点を得られる。

何を感じ、どこに向かおうとしているのか知れば、また1つの視点を得られる。

人間には幾つかの属性と適性があり、系統的に分類する事が出来る。

地球を人間の身体で例えるならば、そこに住む人間は、あるタイプの人は、脳の役割で、あるタイプの人は手の役割、ある人は血液、ある人は心臓・・・というように役割を果たせる部位が決まっていると私には思える。

憧れを持つのは自由だけれども、自分の適性を知り、能力を活かす事ではじめて、社会的に機能する。

観の目を広げると本来、人間は地球にとってガン細胞、あるいは放射能のような存在である気はするが・・・。